前へ
次へ

不動産の売買に係る契約手続き

不動産に関する契約をする場合、必ず書類も提示されます。
売買に関する契約書も提示されますから、それによく目を通した上で署名や捺印をするのが一般的です。
その契約書には、とても大切な内容が盛り込まれています。
一旦署名してしまいますと、後でトラブルになってしまう可能性もありますから、書面の内容は慎重に確認しておく方が無難です。
ところで不動産に関する売買の契約を交わす際には、重要事項も伝えられる事になります。
必ず専門の担当者から重要な内容が伝えられて、本人からの意思を確認する事になる訳です。
本人からの同意が取れた時点で、正式契約する形になります。
「重要」事項になる訳ですから、そこでの話の内容にはよく耳を傾けておく必要があります。
できればメモなどを取って、同意できるかどうかを判断すると良いでしょう。
なお契約を結んだ後には、その専門業者に対してお金を支払う事になります。
売買代金や鍵の受け渡しなどを行った上で、物件も引き渡しする事になります。

Page Top