前へ
次へ

売買で大事な収益不動産

不動産の中には、土地を活用したい所有者向けに様々な提案ができます。
しかし、立地条件や面積、用途規制など、複合的な要因によって、異なる提案がされることに気を付けましょう。
基本、利回りの高いプランが収益性でも高いのですが、賃料を高めに設定する一方で、資金計画案では建築費を安く見積もります。
売買契約での利益性だけを考えれば、アパートやマンションの賃料に差は出しにくく、土地活用での収益性は建築費にかかってきます。
不動産の売買では、リスクも付き物です。
例えば、オフィスビルにコンビニやサロンなどのテナントが入ることもあります。
一棟貸しならばあり得ることですが、退去リスクを考えなければなりません。
入居者が退去するのと違い、テナント募集という穴は意外にも埋まらない話も耳にします。
賃料の設定に大きく左右されますから、規模や信用度も加味し、長く入居してくれるテナントを採用しなければなりません。
投資や土地活用そのものが初めてならば、収益を最大化するプランの獲得、それにはパートナー選びも重要であることを知っておきましょう。

Page Top